転スラ34話ネタバレ!リムルの神之怒(メギド)がえげつない件

転スラ34話ネタバレ!リムルのメギドがえげつない件 アニメ

前回のあらすじ…
・魔王になれば配下復活するかも!
・人間軍近くで待機
・あいつら養分にして魔王になるわ

ということでリムル様が魔王進化に向けて動き出しました!
オークロードと戦ったときに比べて随分と強くなっているリムル、どうやて戦うのかが気になるところですね!

ではでは転生したらスライムだった件2期、第34話のネタバレまとめていきます。

紅丸やガビルたちが敵を奇襲

紅丸やガビルたちが奇襲を仕掛けるところから始まります。
結界を発生させている装置を破壊するために、それぞれ別れて行動。

手加減なしで殲滅していくため、あっさりと3つの結界石を破壊します。

残る結界石は1つ。
そこには異世界人がいるため、ハクロウ・ゲルドと戦力を固めて向かいます。

空間属性の力を持つキョウヤはハクロウと戦闘。
が、本気を出したハクロウには手も足も出ず。

キョウヤは首を切り落とされるも、思考加速で時間が引き伸ばされているので意識がなかなか消えず…。
待ち時間の絶望感すごいだろうなぁ…。

肉弾戦大好きなショウゴはゲルドがボッコボコに。
肉体の強度はあっても、腐食攻撃には弱いようでもがき苦しみます。

そこにハクロウ合流。
ハクロウが持ってきたキョウヤの首を見て、無理だと思ったのか逃げ出します。

逃げた先は拠点のテント。
そこにいるキララを殺すことで、スキル イキルモノ を獲得します。

攻撃に特化したアバレモノ
防御に特化したイキルモノ
両方を獲得したことで万能感があるのか、すごく自信満々。

そんなショウゴをゲルドが素手でボッコボコにしていきます。
再生能力が高まっただけで痛みはあるので地獄ですね…。

トドメをさすところで敵の魔法使い(ラーゼン)が転移してきます。

ショウゴを救ったはずのラーゼンが…

ハクロウはラーゼンを見逃します。
理由は自らの死をトリガーにした核激魔法を仕込んでいるのに気づいたから。

ラーゼンはショウゴとともに拠点に転移します。

これで結界石を守るものはいなくなり、全ての結界石を破壊。
街に仕掛けられた結界は解除されます。

ショウゴはボロボロになっているため、ラーゼンが回復魔法をかけると提案。
が、ラーゼンがかけたのは心を破壊する魔法。

ラーゼンはショウゴと体を入れ替え、若く強靭な肉体を手に入れます。

リムルが動き出します

ここでリムルが動き出します。

アンチマジックエリアを発動。
魔法が使えなくなるため、逃げるとしたら走るか馬に乗るかくらいなもの。

誰一人逃がす気がないのが伝わってきますね。

水滴を色々なところに展開し、ある魔法を発動させます。
その魔法は神之怒(メギド)。

アニメで解説は入っていませんが、太陽光を集めて放射する、要はレーザーです。

無慈悲な光が空から降り注ぎ、兵の頭を貫いていきます。
本当に静かに一瞬で何千人と…。

大賢者が淡々とカウントしているところが、またなんとも言えない無慈悲感を表現しています。

つい見入ってしまう回ですので、ぜひとも次回の35話と続けて見たいところです。

U-NEXTの無料お試しを使えば、転スラ2期を無料視聴できます!
 
転スラ1&2期、マンガや小説も楽しむならココ!
 
▼U-NEXTの31日間お試しはコチラから▼
無料期間内に解約すれば料金はかかりません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました