はたらく細胞のアニメ無料動画を全話今すぐ見るには?フル視聴できるのはどこ?

はたらく細胞のアニメ無料動画を全話今すぐ見るには?フル視聴できるのはどこ? アニメ

はたらく細胞のストーリー

体内細胞を擬人化したアニメ!
酸素を運ぶ赤血球の視点から、細胞たちの世界を覗いていきます。
休むこと無く働き続ける細胞は、どのような毎日を過ごしているのでしょうか?
そこには細胞たちのドラマがあります。

ちなみにはたらく細胞には

  • はたらく細胞(1期)
  • はたらく細胞!!(2期)
  • はたらく細胞BLACK

とシリーズがあります。

健康的な人(1期&2期)と、過酷に働く社会人(BLACK)の体内のエピソードと思ってもらえばOKです。

はたらく細胞の監督・キャスト

はたらく細胞のキャスト
役名 声優
赤血球 花澤香菜
白血球(好中球) 前野智昭
キラーT細胞 小野大輔
マクロファージ 井上喜久子
血小板 長縄まりあ
ヘルパーT細胞 櫻井孝宏
制御性T細胞 早見沙織
樹状細胞 岡本信彦
B細胞 千葉翔也
NK細胞 行成とあ
血小板(うしろまえちゃん) 石見舞菜香
巨核球 甲斐田裕子
記憶細胞 中村悠一
マスト細胞 川澄綾子
一般細胞 小林裕介
乳酸菌(クロ) 吉田有里
乳酸菌(アカ) 高橋李依
乳酸菌(パンダ) 藤原夏海
乳酸菌(ブチ) 久保ユリカ
がん細胞 石田彰

 

はたらく細胞BLACKのキャスト
役名 声優
赤血球(AA2153) 榎木淳弥
赤血球(AC1677) KENN
白血球(1196) 日笠陽子
白血球(8787) Lynn
白血球(1212) 内山夕実
主細胞 鳴海崇志
血小板 久保ユリカ
マクロファージ 椎名へきる
肝細胞 ブリドカットセーラ恵美
脳細胞(司令) 平川大輔

はたらく細胞を配信しているサービスは?

はたらく細胞のエピソード一覧

はたらく細胞(1期)のエピソード
はたらく細胞(1期)
  • 第1話
    肺炎球菌
    ここは人間の身体の中。酸素や二酸化炭素を運搬していた赤血球はある日、体外から侵入した肺炎球菌に襲われる。そんな赤血球を助けたのは白血球(好中球)だった。白血球は逃げた肺炎球菌を追うのだが…。
  • 第2話
    すり傷
    穏やかな日常を過ごしていた赤血球。ところが、ある日突如として「すり傷」が発生する。傷口から入る細菌やウイルスと戦うため、白血球が現場へ駆けつける。だが、 黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦していた。
  • 第3話
    インフルエンザ
    体内で増殖したインフルエンザウイルスの偵察に向かったナイーブT細胞。だが、一度も敵と戦ったことがないナイーブT細胞は怯えるばかりだった。ついに戦場から逃げ出してしまったナイーブT細胞は自分を責め…。
  • 第4話
    食中毒
    胃の付近に細菌が出現し、早速駆けつける白血球。現場では白血球の一種である好酸球が応戦してが苦戦を強いられていた。周囲の細胞たちが陰口をたたくなか、白血球は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが…。
  • 第5話
    スギ花粉アレルギー
    大量のスギ花粉が体内に侵入。スギ花粉排除のため現場へと急行した白血球は、そこで免疫記憶を保持しているリンパ球“記憶細胞”と居合わせる。しかし、現場の光景を前に、記憶細胞はあたふたしていた。
  • 第6話
    赤芽球と骨髄球
    赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だった頃の話。一人前の赤血球になるため、マクロファージ先生のもとで一生懸命訓練中の赤芽球。しかし、方向音痴の赤芽球はある日、細菌から逃げる避難訓練中に迷子になり…。
  • 第7話
    がん細胞
    一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。何とその敵の名は“がん細胞”だった。白血球とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界を守るため、迫るがん細胞と対峙することになるが…。
  • 第8話
    血液循環
    赤血球の大切な仕事は、二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届けること。相変わらず方向音痴の赤血球だが、半人前のままではいられない。今日こそはと、1人で循環器を一周しようと意気込むが…。
  • 第9話
    胸腺細胞
    訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んだキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを初めてしまう。樹状細胞によると、実は2人は「胸腺学校」の同期で、昔の彼らとは全く違うキャラだったという。
  • 第10話
    黄色ブドウ球菌
    細菌に襲われる赤血球。そんな赤血球を救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。赤血球は鼻腔へと酸素を届けに向かうが…。
  • 第11話
    熱中症
    うだるような暑さに包まれた体内世界では、発汗してもうまく体温冷却ができない。異常な血流増加と体温の上昇で、体内世界は「熱中症」になっていた。さらに、この隙につけ込みセレウス菌が好き勝手に暴れ回り…。
  • 第12話
    出血性ショック(前編)
    新人赤血球の教育係をすることになった赤血球。先輩らしいところを見せようと、気を引き締める彼女だったが、道を間違えたり、ほかの細胞に怒られたりと失敗ばかり。そんななか、体内世界で大きな事件が発生し…。
  • 第13話
    出血性ショック(後編)
    「生命に関わるレベルのダメージを確認!」の緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球だったが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった。大量出血が続くなか、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続けるが…。
  • 特別編
    風邪症候群
    同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、ステキな帽子をかぶった謎の細胞が現れる。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らにいたずらを仕掛けようと一般細胞を誘う。
はたらく細胞!!(2期)のエピソード
はたらく細胞!!(2期)
  • 第1話
    たんこぶ
    ある日、体内の雑菌を駆除していた白血球(好中球)は、前後さかさまに帽子をかぶった血小板・うしろまえちゃんに出会う。そのとき突如、地鳴りと共に体内世界に激しい揺れが襲いかかりパニックに…。
  • 第2話
    獲得免疫/パイエル板
    記憶細胞が見た夢をなぞるように、正体不明の敵が体内に現れる。記憶細胞は過去の記憶のみならず、ついに未来を予知できる能力までもあるという。記憶細胞の予知どおりに、この世界は破滅に向かうのか?
  • 第3話
    デング熱/ニキビ
    表皮付近で有害物質の反応あり。マニュアルどおりに仕事をこなすマスト細胞だが、迷惑をこうむった細胞たちからはクレームの嵐で自暴自棄になる。そんななか、何かに血球たちが吸い込まれる事件が発生し…。
  • 第4話
    ピロリ菌/抗原変異
    体内で事件発生。免疫細胞が駆けつけて、ウイルス感染細胞をやっつける。そんないつもどおりの光景に憧れながらも退屈そうに眺める一般細胞。そんな一般細胞の目の前に、突如、謎の細菌が現れて…。
  • 第5話
    サイトカイン
    乳酸菌を仲間のもとに届けるため、白血球と共に腸に向かう一般細胞。ところがその途中、一体の乳酸菌と離れ離れになってしまう。必死に乳酸菌を探す一般細胞に、新たなウイルス感染細胞が襲い掛かる。
  • 第6話
    悪玉菌
    ある細胞の抗原情報が流出した。NK細胞の言葉に、白血球の表情が変わる。乳酸菌を仲間のもとに届ける旅は、やがて大腸にたどり着く。悪玉菌の有毒ガスにより荒れた腸内で、一同はメモリーT細胞に出会う。
  • 第7話
    がん細胞Ⅱ(前編)
    ついに復活したがん細胞、そして悪玉菌に腸内環境が荒らされてしまう。最強の敵からこの体を守ることはできるのか?体内を襲うかつてない危機に、白血球たちは世界の命運を懸けた大血戦に臨む。
  • 第8話
    がん細胞Ⅱ(後編)
    世界を守るため、白血球たちはがん細胞に立ち向かう。だが、がん細胞と戦う彼らの前に制御性T細胞が立ちはだかる。その頃、決死の覚悟で乳酸菌を救った一般細胞にも悪玉菌の魔の手が迫ろうとしていた。
はたらく細胞BLACKのエピソード
はたらく細胞BLACK
  • 第1話
    喫煙、細菌、終わりの始まり。
    赤芽球から脱核した赤血球たちは、明るい雰囲気の職場紹介映像を見た後に研修に向かう。何も教わらないまま先輩から無茶振りされる仕事の数々に戸惑いながらも、体中へ酸素の配達に向かう赤血球だったが…。
  • 第2話
    肝臓、アルコール、誇り。
    この職場に新人という概念はない。初出勤にもかかわらず、休みなしで酸素を運んだ赤血球たち。仕事を終え、疲れ果て、座り込んでいたところにベテラン赤血球が現れ「ベテランの勘だが、こんな日は降るぞ」と言う。
  • 第3話
    興奮、膨張、虚無。
    海綿体に血液を満たし、勃起させるという重大なミッションを課せられた赤血球たち。「新たな生命の誕生」という一大ミッションに携われることにやる気満々の赤血球だが、この体内では一筋縄でいくわけもなく…。
  • 第4話
    最前線、淋菌、葛藤。
    性交渉により体内に淋菌が侵入。驚異的な増殖スピードの淋菌に苦戦を強いられていた白血球たち。精子たちのいる精巣上体に迫ろうとする淋菌の進行を止めるため、白血球たちはリンパ節にて総力戦を仕掛ける。
  • 第5話
    過重労働、脱毛、錯乱。
    幾多の苦難を乗り越え、自分の仕事に自信を持てるようになった赤血球。これからも良い世界を作っていこうと白血球と共に誓ったのも束の間、毛根に炎症が起こる。そこにいたのは、キラーT細胞だった。
  • 第6話
    腎臓、尿路結石、涙。
    仕事にも慣れ始め、合間に軽口を叩きあう余裕も出てきた赤血球と赤血球。2人は仕事中に付着した汚れを洗い流すため、腎臓を訪れることに。すると、尿管のすぐそばの輸出細動脈で何かが引っかかる不穏な音が響き…。
  • 第7話
    カフェイン、誘惑、嫉妬。
    赤血球が運んだ酸素が、偶然「活性酸素」に変化し、若い一般細胞を老化させてしまった。ひとつの細胞を老化させてしまったことに負い目を感じる中、新人赤血球たちの表彰式で赤血球が最優秀新人賞に選ばれ…。
  • 第8話
    ふくらはぎ、肺血栓、機転。
    喫煙やアルコールの量が増え、肝臓は活力と華やかさを失っていた。脂肪肝により肝臓機能が弱まっているのだ。赤血球たちはふくらはぎの機能が鈍くなり、酸素を運ぶことが困難になっていた深部静脈へと足を運ぶ。
  • 第9話
    異変、水虫、働く意味。
    白血球たちがどこにもいない。異常事態が起きている体内に困惑する白血球。赤血球はますます不健康化が進む体の状況を心配しつつも、酸素を運び続けていた。そんななか、偶然新人赤血球たちの研修に遭遇し…。
  • 第10話
    胃潰瘍、友情、喪失。
    赤血球たちに緊急招集がかかる。持てる限りの酸素を持って現場へと向かった赤血球たちの眼前には、潰瘍を起こし大きな亀裂ができた胃が…。いつ命を落としてもおかしくない状況で、赤血球たちは必死に酸素を運ぶ。
  • 第11話
    自暴自棄、痛風、反乱。
    胃酸の海に落ちていく赤血球のフラッシュバック。友を失ったのは自分のせいだと自暴自棄になる赤血球。しかし、睡眠、運動不足により、ブラック化の一途をたどる体内に過去に例を見ない謎の細菌が現れる。
  • 第12話
    復帰、心臓、終焉。
    働くことの意味はいまだにわからない。それでも目の前にある「酸素を運ぶ」という仕事を頑張ろうと決心し、懸命に励む赤血球。だが、そんな赤血球の決意に反して、体内環境のブラック化はますます加速し…。
  • 第13話
    心筋梗塞、蘇生、変化。
    体の機能が停止していく。どの細胞もこの絶望的な状況下で諦観するなか、唯一赤血球だけは諦めてはいなかった。幾多もの病気に苛まれ、友を失い、それでも働き続けてきた赤血球が、自分なりの答えを導き出す。

はたらく細胞のネタバレ

はたらく細胞BLACK最終回のネタバレ!心臓停止から体の主は…?
前回のあらすじ…第12話のラストで冠動脈詰まる。心筋梗塞。体の主オワタ。 はい、はたらく細胞BLACKもついに最終回が来ました。 体の主も最終回か…と思ってたら、タイトルで盛大にネタバレしてましたね(笑) まぁそれは置いといて...

はたらく細胞を無料で見る方法

はたらく細胞を無料で見るには?
はたらく細胞は、多くのVODで無料配信されています。
放送中でもありませんし、無料期間中に一気観も可能ですね。

オススメはFODプレミアムです。
FODならコミックの取り扱いもありますので、原作も一緒に楽しめます。

\14日間無料で楽しめる!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました